横浜寿町のドヤ街、生活保護者が急増した高齢化地区の実情

名古屋の無料低額宿泊所の入居者の男性は元路上生活をしていた仲間に「生活保護を受けられて3食付き。小遣いもある」と誘われた。 この男性の毎月の生活保護費は約11万5千円で施設ならば雨風をしのげてエアコンもテレビもあり、思った以上に快適だった。 しかし 一方で、徹底的に現金の管理をされた。 受給日に宿泊所の車で区役所まで行き、受け取るとそのまま施設の職員に渡す。 そこから家賃や食費、管理費と…

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気ランキング