東日本大震災から5年の節目を迎えてあなたの自宅は大丈夫?

東日本大震災から5年の節目を迎えて、
自然災害の恐ろしさが風化されてきていますが、
今日のニュースでも5年となる現在でも、3県で
およそ5万9000人が仮設住宅での暮らしを
余儀なくされているとのことです。

今だ復興には時間がかかりそうです。



■いつやってくるか分からない地震や台風
自然災害の火災保険をこの節目に見直してみては
どうでしょうか?

17.鬼怒川決壊.jpg



昔のままの火災保険では、最近の水害や土砂災害に
対応した保険金の給付がされないものもあり、
昨年9月10日の鬼怒川の豪雨で水害で被災した方
のなかにも、自宅再建のため保険金が給付されない
ケースも報道されていました。



■災害のリスクや自分の家族のニーズを検証

現状の契約内容と比較することで保健料も大幅
に節約できる場合もあります。

たった3分で無料の複数の火災保険会社の見積が
とれるサイトをご覧ください。

火災保険最適プラン通販サイト http://fire.iinaa.net/


■もっと詳しい説明を聞きたい方は


近くの保険ショップで保険のプロに気軽に相談もできます。






●コーヒブレイク! ちょっと気になるタイトルの・・・

「自宅」という場所はリラックスでき、活力を補給できる場所で
ありたいものですよね。

詳しくはコチラの無料e-Book

ご興味のある方は、ぜひダウンロードして読んでみてください。


ご訪問いただいて、ありがとうございます。


また是非遊びにきて下さいね!!

この記事へのコメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人気ランキング